FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
消え往くモノ。

mhf_20170628_234.jpg

mhf_20170705_062.jpg

生まれ往くモノ。

mhf_20170731_359.jpg


数え切れない熱狂と混沌が渦巻く中、10周年という大きな節目を迎えたメゼポルタ広場。
-大きな節目を期に、宴の幕が上がる-

という訳で、10周年を迎えたモンスターハンターフロンティア Z。
とうとうここまで来てしまったのね…
というネガティブでもポジティブでもないこのブログらしい感情で眺めている次第でございます。

私のメゼポルタでの昔話は何度か書いていますが、来歴については触れる機会がありませんでした。
という訳で10年の節目として微かな記憶を頼りに書いて行きたいと思います。

と言っていたらいつしか長期間更新がないまま行方不明になっていました。
言い訳させてもらえるならば、長く続けてきたが故に振り返るという作業も尋常ではない労力が必要だったのです。
チャットログからSSまで容量にして10GBを超える量の記録が残っている程度には。
おまけにここ最近の多忙、書く時間を惜しんでプレイを優先させた事もあってずっと書かずじまいでした。
そんな訳で10周年を迎えてから随分時間は経ってしまいましたが、書き連ねていきたいと思います。


記憶が正しければ私がこの世界に降り立ったのはシーズン3.5終盤~4.0開始の頃。
ネカフェからこの世界に降り立つという形だったため、本格的に活動し始めたのはそれよりも数ヶ月後。

mhf_20090127_042.jpg

恐らくこのSSも気付いたら撮影していた…はず。

推奨スペックのPCが用意できて以降は、この世界に導いた「師匠達二人」に付いて回りながらハンター生活を過ごしていた。
本格的に活動を始めたのが遅かった私より2人は当然強く、まだまだ足手まといだった私に
「お前は笛で攻撃力上げてくれたらそれでいい、俺達が何とかしてやる」
と言われ、笛を担ぐ場面が殆ど。
今考えればそんな状況がきっかけで笛を主軸にクエストに出かけるようになったのかもしれない。
私がどちらかというと手数よりも支援に徹する立ち回りが得意になったのもこういったきっかけが少なからず影響したのかもしれない。

その後お互いの時間が合わなくなって疎遠になり、気が付けば私だけが残った。
この世界に降り立ってから殆どの時間を身内と過ごしていたため、知り合いも少なかった私は一人この世界に取り残された感覚に陥った。
完成しない装備
薄れ行く目標
行き詰り感に耐え切れなくなって引退も頭を過ぎった。

mhf_20090510_390.jpg

そんな時知る事となった狩人祭の存在。
ここから私の狩人生活は大きく流れを変えていった。
一言で言えば、狩人祭を中心に狩人生活を送るようになった。

mhf_20090609_218.jpg

入魂祭のシクレ検証の楽しみがこの上ない喜びだった。
装備製作の目的もそれ中心。
入魂祭でシクレに指定されるクエストを効率よく周回するため。
シクレ時間帯以外で効率よく入魂するためのクエストに行くため。
そしてシステムを知るうちに自身で猟団を立ち上げ、少数精鋭で入魂した方が利点が大きい事に気付く。
数々の猟団を渡り歩き、知識を蓄えつつ、フレに声をかけRPを持ち合いながら遂に猟団を立ち上げた。

が、それもうまく行く事はなかった。
団員限定で集まっていた求人区の一室に紛れ込んだ部外者に対しての対応で団員と衝突し、私が去る形で半年程度で団を潰す事になった。
今考えれば私が未熟だったが故の失敗だった。

その後はまた様々な団を渡り歩き、入魂効率を極めるために身を窶すようになる。
時には徹夜
ある時は団内入魂トップ競争を挑まれ
ある時は入魂最終日の一晩に1000魂差を逆転し
ある時は週平均数時間に切り詰めてまで睡眠時間を削って自身の限界に挑み
そんな入魂生活に明け暮れた。
フォワード時代に20000魂overを記録していた、と言えば如何に当時入魂に全精力を尽くしていたかお分かりいただけるだろうか。
過去最高入魂数

しかしその一方で効率を突き詰めるが故に自己中心的な振る舞いで衝突する事も少なくなかった。
シクレの募集に参加し、募集主でもないのに仕切ろうとしたり
祭りPが頭割りというシステム上の制約を理由に入魂を団員に強要させたり
失敗を挙げれば枚挙に暇がない。
いい言い方をすればそれだけ熱中していたのかもしれない。
悪い言い方をすればそれだけ視野が狭かったという事。
一つ言える事は、それだけ私が未熟だった。

数々の失敗を重ねながらも、次々現れる新モンスター、システムに対応を続けていった。
当然、全ては入魂のために。
特に秘伝書(SR)に対しては周囲から異常だと口々に叫ばれる程、熱が入った。
月末にSRP大量クエストが配信されれば、その日を狙い目にしてネカフェに数日篭ったりもした。
結果的にSRを上げる為のアイテム、難しい書物が不足して一時的に育成を断念せざるを得ない状況にまで追いやられるほどだった。
ネカフェ武器も数種類所有しているのはその育成の名残。

mhf_20121028_271.jpg
デュラを狩り尽くして素材数が一列埋まったりもした。

数々の入魂猟団を渡り歩き、柵に疲れた末に自営猟団に落ち着いて以降はソロ生活が中心になった。
今までPTプレイが主で効率よくクエストをこなしていた反動から、ソロで思うようにやりたい事や装備の更新が進まず、この地に降り立った当初の行き詰まり感に似た苦しみが増えていった。
その苦しみからやさぐれる事も多々あり、もうこれまでかと思い始めた。
一方でここまで時間や精力をつぎ込み、今更引く事が出来ないという思いとの狭間で悩んだ。
それまでの改悪や環境の変化で狩人生活を続ける意欲が削がれた時も、同じだった。
楽しかった記憶や注ぎ込んだ時間や精力が無に帰す事実が怖かった。
特にSR全カンストを成し遂げてからは、その傾向が強くなっていた。
結果的に惰性で続けていた。
いっそ
「明日この世界が終わる」
そう言われた方が楽になれるのではないか、と思いながら。

無味無臭な狩人生活を送る中、疎遠になっていたフレが復帰し自営猟団からフレの所属する猟団に転属した事が私の狩人生活の転換点となった。
久々にskypeを用いながらフレと共に狩人生活を送る事が何故か新鮮な感覚だった。
誰にも縛られず、縛らないソロ生活に染まり切っていた私にとって、遠い昔に送ってきた狩人生活が今こうして再び戻ってくるとは思ってもいなかった。
そしてここから先は以前の記事に繋がる話になる。


こうして振り返ると
出会い、衝突、放浪
を繰り返してきた狩人生活だったのかなと思います。
今日まで色々な人に迷惑をかけてきたし、嫌な思いばかりさせてきたと思います。
逃げ出したくなった時もあったし、自己嫌悪に陥る事も少なくありませんでした。
実際この振り返りの記事を書いている最中も苦い記憶の数々に自己嫌悪に陥り、幾度となく筆を止めています。
数多く知り合ってきたフレの名前を見て懐かしむと同時に、あまりこちらから接触する事なく疎遠になってしまったケースがほとんどでした。
今更再会を望むくらいなら、その当時からもっと接触するべきだったと後悔しているうちに時間が過ぎてしまっていた事もありました。
それがここまで公開が遅れた理由です、後悔だけに。

以前の記事では
「狩人生活を続ける理由は見つかりそうにない」
と書きました。
これまでを振り返り、書き終えた今その答えが見つかった気がします。
「長年身を置いたこの世界の終焉を見届ける」
それが私にとっての最後のマストオーダーかもしれません、今現時点では。


あとがき

本当はもっと長い記事になってもおかしくなかったのかもしれませんが、これ以上掘り下げると本当にいつ書き終えるかわからなくなるので、またいつか思い出した時に書きたいと思います。
そして取り上げたいネタが色々とその間に増えていたりするので、これからまた少しずつ書いて行きたいと思います。
スポンサーサイト
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
一区切り
NEW Topics
パニックハニー、極めました。
個人的メゼフェス(ほぼパニックハニー)考察
第123回入魂祭
明けてました、2018
2017/11リファインで更に変わった猟団迎撃戦
Comment
No title
思い出を振り返るときりが無くなりますよね。
昔のSSを見ているとちょっと寂しい気分になります。
消えていったものたちの方が多く感じてしまっている
せいかもしれません(^▽^;)
それでも10周年おめでとうフロンティア
カノンさん、コメントありがとうございます。

> 思い出を振り返るときりが無くなりますよね。
> 昔のSSを見ているとちょっと寂しい気分になります。
> 消えていったものたちの方が多く感じてしまっている
> せいかもしれません(^▽^;)


まさにそれなんですよねー
過去ばかり振り返っても負の感情しか出てこないのであまり見ないようにしていたのですが…
前に進むために昔の自分と向き合う事も時には必要なのかなと最近思ってます。

> それでも10周年おめでとうフロンティア

まさかここまで続くと思いませんでしたね…色々な意味で。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まこ
自己紹介&このブログについて等
(17/10/27更新)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。