FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最後の記事から半月過ぎて、そろそろ書かねばと思い筆を執り~

いつしか2017年最後の記事を書くつもりで、と先延ばしになり~

いつしか年が明けて、あけおめ記事にしようと思いながら~

いつの間にかどういう訳かバレンタイン…

本当は色々書きたい事だらけなんですが、それらは一旦置いておいてとある題材について記事にします。


その題材とは…
とあるブログで私の事が触れられていた。
という件。
単刀直入に言うと、Answer Entryです。

そのブログとは…

MHF-Z アルファの狩り日記

この記事です。

以前からフレと2人で普段過ごしている、と書いてきました。
そのフレこそ、Alphaさんだった。
という訳です。

以前の記事で私なりの想いは綴ったつもりなので二番煎じとなってしまいますが、交換日記のつもりで書こうと思います。





□First Contact

そもそもの知り合ったきっかけはtwitterでした。
いつの間にフォローされていて、なおかついつの事だったか思い出せないくらい、前の事でもありました。
ただ私があまり積極的な交流をしていなかったのもあったからだと思いますが、Alphaさんに限らず案外twitter上で知り合ってもメゼポルタで会う事はあまりありませんでした。
あくまでも情報共有の手段として交流していた程度だったと思います。
なのでまだ3つにサーバが別れていた時代にあって、同じサーバの出身であってもゲーム内での交流はそれほどありませんでした。


□復帰までの経緯

Alphaさんが多忙でメゼポルタを離れて以降、時折様子見でメゼポルタに戻ってきてはこれまでの変化、近況等を話す程度で終わる事が殆どでした。
基本的に私は
「最終的に本人が戻りたいか否か=今のメゼポルタに魅力を感じるか否か」
というスタンスなので、戻ってこなくても仕方ない、と考えていました。
現役で続けている私が現状に満足していないメゼポルタに戻ってきてとは言えませんからね。

それから時が流れ、去年の明け頃に再会。
その時に復帰を前提として活動し始める事を聞いて、元々知り合いの少ない私にとって復帰ハンターのサポートなんてなかなかない経験だと思い、ならばできる限りのサポートはしようと考えました。
そして行く先は私が力を借りるくらいの立場になってくれればという思惑もありました。

「今のメゼポルタに戻ってくるという決断をするハンターは貴重だよね」

と数々の不満を抱えながらもメゼポルタに立つ現役ハンター目線として常々思っていた私。
その上で離れていったのならばそれが今のメゼポルタの限界なのでしょう、と自棄半分ながらサポートを始める事にしました。


□復帰後

mhf_20170202_071.jpg

復帰当時のAlphaさんの装備。
個人的にはこの見た目好きでした。
どう好きか書き出すと行数が足りなくなりそうなので割愛します…

剛5閃1の剣神内包スキルを個別に発動させる、スキル構成としては当時の2年前くらいに流行していた感じの構成でした。
当然、当時はなかった剣神/纏雷といった現代メゼポルタで必須級のスキルが欠けていたため、このままでは火力面では見劣りは否めませんでした。

復帰してから辿異クエストに行ける所まで続けてきた方ならわかると思いますが、年単位での復帰からだと現代の装備に合わせていくまで目安となり得る装備がなく、途方に暮れてしまう事が多々あると思います。
更に去年の明け頃はまだ辿異クエストに適した装備も満足に出揃っておらず、辿異クエストへ行くために他の辿異クエストへ行くような状況にありました。
MHF特有の○○が欲しいのに○○へ行かなければならない、の状態ですね。
その為無理をせずに既存のG級で製作可能な装備から目指そう、という事になりました。

が、ある程度課金装備を持っていたAlphaさん、Zへ移行した際に辿異守護防具への派生強化が追加されたキャロルやリアンを持っていた為、これらを生かして組んでみようという事になりました。
更にエヴォルもご購入、鬼に金棒でした。
その際の装備がこちら。


カフ:                   ○ ○
武:                   ○ ○ ○
頭:エヴォルZPヘッド・白  Lv1 356 G級・閃薬珠 G級・閃薬珠 G級・閃薬珠
胴:リアンZPベスト・青   Lv1 388 G級・閃薬珠 G級・閃薬珠 G級・閃薬珠
腕:キャロルZPアーム・黒  Lv1 387 G級・閃薬珠 G級・閃薬珠 G級・閃薬珠
腰:リアンZPコイル・青   Lv1 388 G級・剛薬珠 グレン剣珠GF グレン剣珠GF
脚:リアンZPフット・青   Lv1 417 グレン剣珠GF グレン剣珠GF グレン剣珠GF

防御力:1937 火耐性:5 水耐性:5 雷耐性:5 氷耐性:5 龍耐性:5

発動スキル
スキル枠拡張+1,巧撃強化+1,風圧強化+1,耐震強化+1,支援強化,剛撃+4,一閃+3,豪放+3,弱点特効,薬仙人,剣神+2,見切り+2


適当かつ急拵えのような装備ですが、珠も満足に揃ってなかった事もあり手軽さを最優先に考えつつ、ある程度火力面も兼ね備えた構成を考えた結果こうなりました。
カフスロットを使う事で耐震/風圧/耳栓の所謂三界強化も発動可能になっています。
ラスタのスキルを見越して薬仙人を入れたり回避を鼓舞でカバーするなど使えるものは何でも使う模索も取り入れてます。
辿異派生強化するためのヒプ辿異がやや厳しかったですが、それでも連携プレーで助け合いつつ何とか形にしていきました。

こんな感じの装備で一先ず土台を作り上げた後、次に目指したのはこちら。


武器スロットなし
エヴォルZPヘッド・※   (パZP)  Lv1 356 ●●● 双龍珠GX・朱雀, 双龍珠GX・朱雀, ゼナ射珠GX1
チールGXジャケット    (イGX)  Lv7 414 ●●● ゼナ剣珠GX1, ゼナ剣珠GX1, ゼナ剣珠GX1
フルフルZXアーム     (辿ZX)  Lv7 441 ●●● 照雷剣珠GX4, ククス剣珠GX4, ククス剣珠GX4
ディオスZPコイル     (特ZP)  Lv1 398 ●●● 双龍珠GX・朱雀, 双龍珠GX・朱雀, 双龍珠GX・朱雀
リアンZPフット・※    (キZP)  Lv1 417 ●●● ククス剣珠GX4, リアルオ剣珠GX2, エンプレ剣珠GX4
服Pスロット2                 ★★  G一閃カフPC6, G一閃カフPC6

防御値:2026 スロット:●15○0 火:3 水:8 雷:13 氷:8 龍:8

辿異スキル
スキル枠拡張+2,耳栓強化+1,巧撃強化+1

発動スキル
双剣技【双龍】,剛撃+5,一閃+2,弱点特効,纏雷
剣神+2,豪放+3,吸血+1,紅焔の威光+2,巧撃
閃転,超回避,早食い


当時の私としては考えに考え抜いた装備だったつもりですが、今振り返るとなんでこの装備薦めてしまったんだろうと首を傾げています…
フルフル辿異ホントにツラかったし…
いきなり愚痴から始まりましたが、(当時の私としては)双剣ハンターのAlphaさんに売ってつけの火力装備として考えてみた装備でした。
三界強化もオプションで2つまでと犠牲になったものの、それまでの装備からは大幅に火力は向上。
実際双剣の珠秘伝を作るまでの間、空いているスロットに適当に珠を入れて一閃3にしたり、早食いを入れるなど色々工夫しながら紙集めから辿異までこなしていました。

極みオウガ、フルフル辿異、装飾品に使う大量の素材の確保等、土台の装備から一気にハードルが上がりはしました。
しかし当時私がお世話になっていた団の団員の力を借りたり、土日に時間が確保できた時に狩人応援コースで効率よく集めたりと本人も相当なやる気をみせ、休日ハンターながら数ヶ月程度で辿異クエストに臆する事なく挑める環境が整っていきました。


□苦難と奮闘の日々

ただ、装備のバリエーションとしてはまだまだ乏しく、他のコンテンツへの対応…当時配信されていた天廊を筆頭にまだまだ装備が追いついているとは言いきれませんでした。
また、歌姫狩衛戦や天廊の日替わりミッションといった毎日参加型のイベントへの対応にも追われ、まだまだ満足とは言えない日々が続きました。
それは本人も痛感していたようで、忙しいながらも平日にも少しずつ顔を出すようになっていきました。
それでも遅くなるか、最悪inしてこない事もあったため、inするまでの間仮眠を取って時間をずらしたりという事もしていました。
その為所属していた団の団員とは疎遠になってしまい退団する事になってしまいましたが、喧嘩別れという訳ではなかったので仕方の無かった事と割り切りました。
退団後は維持していた自営猟団へ戻り2人きりとなりましたが、平日のわずかな時間も使いつつ装備作成の支援や各コンテンツへの対応も何とかこなしていきました。
それでも未だに猟団迎撃戦は辛酸を嘗める思いをさせられてはいますが…

私にとっては極普通の行動だったと思っていましたが、今振り返れば確かに
「面倒見がよい」
と言われるだけの行動はしていたのかもしれません。
私はただ、予定を聞いてその通りに合うようにできる限り動いていただけ、という感覚だったりします。
多分、そういう感覚はこれから先も変わる事は無いと思います。

Alphaさんもブログで綴っていますが、狩人としてのベクトルが合っていたからこそここまで行動できたのかもしれません。
例を挙げるとするならば、お互いに段階を踏んでコンテンツを消化していく事に抵抗が無い事でしょう。
基本的に現時点で取れる対策はある程度取ったり、コンテンツを効率よくこなす為の最低限の要件を揃えてから臨む…といった事を自然とできるので、共に行動していて苦に感じる事は殆どありません。

後は本人のやりたい事を最優先させる事もうまくいっている要因なのかなと思います。
秘伝書コース強化週になると、秘伝珠の作成のために毎回連戦するしているAlphaさん。
下手に私が加勢するよりソロで周回した方が早い事はわかっているので、あえてその週は紙集めに専念させます。
疲れて気分転換したくなったら顔出しにくればいいよ、という感じで基本的に待ちの姿勢になります。
これまで待ちの姿勢ばかりでせっかく知り合った人とも疎遠になってしまう事が多かった私ですが、皮肉にもこんな形で役に立つ事になりました。
こうしてお互いやりたい事を優先させつつ、やる時はやる、がお互いのハンターライフを充実させる秘訣なのかもしれません。

そんなAlphaさん、フレンド大募集中です。
是非声をかけてあげて下さい。

mhf_20171019_570.jpg



あとがき

やっと書いたかお前は…とツッこまれてもおかしくないくらい久々に記事を書きました。
復帰されてから今までの事を振り返っていたら、知り合った頃からの思い出も振り返ってしまったりして筆が進まなかったり。
遅ればせながらのAnswer Entryでした。
スポンサーサイト
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
第123回入魂祭
NEW Topics
第123回入魂祭
明けてました、2018
2017/11リファインで更に変わった猟団迎撃戦
生まれと別れ
17年11月第1週 イベントToDoメモ 簡易版
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まこ
自己紹介&このブログについて等
(17/10/27更新)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。